秋の安芸の宮島に行ってきました

先の3連休は父の命日前の絶好のタイミングってことで毎年帰省するようにしてます。

で、今年も例外なく帰省してきました。

1月前以上からJTBに申し込んでいたんですが、それでも指定席が取れず往復ともにグリーン車っていう贅沢な旅になりました。

サラリーマンも乗る最終便の往路ならともかく、復路までも取れないとは。。。

で、金曜は墓参り。そして24日の土曜日には親をつれて宮島まで観光で行ってきました。

宮島っていつ以来でしょうかね。
5年ぶりくらいかなぁ。

足がおぼつかない親なので電車で行かずにレンタカー借りて行ったんです。

タイムズのレンタカー前日に借りても5000円で済むんですね。

で、9時半頃に宮島口っていう本土側ですね。フェリー乗り場についたんですが、
駐車場がどこも満杯。

遠くに臨時駐車場がありますんで行ってください―
っていう案内のおっちゃん通りに行こうとしたら、ファミマの駐車場が空いてました。

他が1000円なのにそこだけ2000円なんですね。だから空いてたんですかね。
足元見ますよねー。まぁそこもすぐに満杯になったんでしょうけど。

なんかその場でいくらでも値段釣り上げられそうな駐車券だし。。。

遠い駐車場からだとバスになるしそこで座れるとは限らないので、その高い駐車場に停めましたょ。

いい天気だからかお客も多い。フェリーも満杯です。

で、フェリーで渡って宮島上陸!

いやぁ毎度毎度国際色豊かなお客さんたちです。

日本各地の観光地では中国人の割合がかなり高い印象がありますが、さすが宮島、広島市内も含めて西欧人も多いです。

で、厳島神社の方へ歩いていきます。

いやぁほんといい天気でした。

相変わらずこの方々も多いです。

と境内に近づくにつれ人の列が。。。

境内への入場の待ち行列でした。

ひぇーーー

逆側から見た画です。

待ち行列がわかりますかね。

で、境内に入るは諦め、そのまま素通りして行ったことのない宮島水族館に。

宮島水族館は結構遠いですね。
人力車頼もうかと思うくらい歩きました。
30分以上歩いたでしょうか。

親も頑張りました。

そして、入り口についたものの殺風景。開いてないのかと思いました。

前回水族館を見に来た時にここまで来たんですが、閉館日だったっていう苦い思い出があります。
確か大晦日あたり。。。

まさかーー
って思いましたがちゃんと開いてました。

ちゃんと中にはそれなりに人がいました。

で、私たち夫婦は初めて行った宮島水族館ですが、特段見ものってのは無い感じですかね。

嫁さん実家の近くにある油壷マリンパークと似たようなイメージ。

でもまぁ広島らしく、牡蠣とか

カブトガニとか

ってのはありましたし、アシカショーとか

お子様がいればそれなりに楽しめるんじゃないかと思います。

さすがに水族館に来るまでかなり歩いたので、親は水族館の中は車いす使いました。
無料で貸してもらえました。

で、一通り見てからこんどはまた桟橋へ向けて歩きます。
親は頑張って歩くって言って人力車頼むのは辞めました。

人力車頼んでたら定員2名で私だけ乗れないので一緒に走ってついて行かないといけなかったんじゃないかなぁ。。。ふぅ。。。

そして途中の土産物屋さんでもみじ饅頭を一つ。
お土産で買ったりするもみじ饅頭ですが、一つくらいなら自分でも食べたくなるんですよね。

で、広島駅とかのお土産屋さんではバラ売りがありますが、宮島では焼きたてのものが食べれます。これはおいしくてお勧めです。

お茶はサービスですからもみじ饅頭1個90円で休憩できますね。

また、揚げもみじっていう天ぷら版もこれまたおいしい。揚げたてですからなおさら。

で、桟橋に戻って満員のフェリーで本土へ帰還したのが13時過ぎ頃かな

いやぁ正月はもっと多いんでしょうが、この3連休も相当な人出だったんじゃないでしょうか。
たぶん島がちょっと沈んだかも。

で、知り合いに聞いていたお勧めの穴子屋さんがそこにある「うえの」

創業明治34年「あなごめしうえの」のホームページでございます。あなごめしを作って百十余年、美味しい穴子をご提供するために努力しております。宮島口に本店、広島三越B1には分店がございます。

ぜひ食えと。。。

で、言ったらこれまたすっごい行列。。。

親を待たせるのはきついのでこれもあきらめました。。。

その代わり家に帰ってから夜に奮発してフグ。

今まで食ったことのあるフグって向こうが透けて見えるやつばかりだったんですが、これは分厚かった。。。そのかわり高かったけど。。。

その後(親の)馴染みの料理屋さんに行って2次会でうえのよりおいしいという穴子をいただいたので大満足です。

スポンサーリンク
広告 336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告 336×280