今度は家の部品でもデータ改ざん

車の検査データ改ざんっていう話はちょっと前に色々と出てましたが、
今度はおうち関連のデータ改ざんっていうのが出てしまいました。

国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

免震ダンパー制振ダンパーですね。

ニュースを見ると

共同住宅、事務所、病院など986件

って書いてあるんで大きい建物ばかりで一般住宅とは無関係なのかな?

って思いましたが、データを見ると

免震ダンパー 住宅253件
制振ダンパー 住宅12件

となってますから、個人の住宅にも該当するってことでしょうか?それとも住宅=共同住宅ってことでしょうか。

でも個人宅でも採用されている方も少なからずいるでしょうから、ひょっとしたら該当しているのかもしれません。

であれば自宅に採用されている方には気が気ではないでしょう。

私がプランニングをしていた2014年頃にも免震システムとか制振システムは既に
ありました。
それを売りにするハウスメーカーもありました。

耐震性があれば免震も制振もわざわざコストかけてまではしなくていいかな?
ってことで、我が家には採用はしなかったんですが、もし採用していたとしたら何処製のダンパーを使っていたんでしょうか?ドキドキですね。

ダンパーって車の世界ではカヤバって超有名ですから、住宅でのシェアも高いんでしょうか。

ただ、住宅メーカーにとってもこれ被害者ですよね。
部品として納入して使うだけですからね。

しかし、こういうの気軽に取り換えられないから嫌ですよね。
車ならリコールでまぁ数時間預ければ交換してもらえますが、こと家となると別
です。

制振ダンパーの交換なんて壁剥がないとだめですし、いざ剥ぐとなっても工事の為の時間づくり、片づけ、荷物移動等々面倒すぎです。

免震ダンパーは家の下なのでもっと大変でしょうか。

だったら、規格外れ品でもそのままでいいよって人もいるのかもしれません。

でも、日本って海外製よりそういうものはマシって思ってましたが、
最近の改ざん問題を見てると手抜きがはびこってきてるんですかね。

こわい世の中だ。。。

スポンサーリンク
広告 336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告 336×280