北道路の数年に一度のデメリットを体感

我が家は北側に玄関がありその前が道路です。

俗に言う北道路って土地ですかね。

まぁ一口に北道路って言っても南がどうなっているか、形がどうなっているか、東西に何があるかによって土地の良し悪しは変わるものかと思いますし、それぞれ何を重視するかで価値観は違うかと思います。

我が家はプライバシー重視で北道路を選び、南に庭を、そして2階の南に面したリビングを作ったわけです。

おかげで庭にいても道路を歩く人と目を合わすことはありませんし、気配も感じにくいです。

でも、今回の雪だけは北道路のデメリットを感じています。

全然雪が溶けません。っていうか氷が溶けません。

約5m幅の道路のお向かいさんは向かいですから南道路ってことになりますが、作ったカマクラ以外はすっかり溶けてきれいになってますが、我が家はまだまだ雪がてんこ盛り。

雪が残っているのはいいんですが、降雪後の1週間ずっと寒かったので毎朝凍ってるんですね。

これが危険。。。

で、昨日はトンカチとか持ち出して家の前の雪かきならぬ氷かきをしました。

トンカチとマイナスドライバーでコンコンと氷の彫刻家のようです。

作業途中(雪の下は氷があります)

なんとか玄関前だけは綺麗にしました。

駐車場の前の氷とかも砕きました。

マイナスドライバーでコンコンするのはいいんですが、やりすぎるとタイル等の道路を壊してしまうのでなかなか加減が難しいです。

金属ハンマーはさすがにまずいかなって思ってプラハンを使ってます。

むしろ金属ハンマーのほうが使うことが少ないですね。

家の中での杭打ちとか石膏ボードへの釘打ちなんて強さはいらないのでこのプラハンで十分。

逆側はゴムなのでもっと使いみちがあります。

おまけに先がいたんだら交換可能なので便利この上ないです。

このちっこいのが100均にも売ってたりしますが、さすがにあれは小さくて力はいらないかもしれません。

まだまだ雪山が残りまくってます。いつまで残るかなぁ。。。

で、砕いた氷とか雪をキレイにするのにはデッキブラシがとても役立ったんですが、雪が重いのか、あるいはボロかったのか、あっけなくポキっといってしまいました。

また買わないと。。。

で、今日は少しは暖かかったようで、夜はこびりついていた氷も少なくなっており、ちょっときれいになってました。
今までがずっと寒かったですからね。

というわけで、こういった苦労は北道路だからですね。

南道路(道路の北側)は結構早く溶けてました。

雪はともかく氷が厄介ですからね。一度転んじゃいましたし。

まぁ南道路でも日当たりが悪いと一緒でしょうけど。

この手の大雪は毎年まぁ1度はあるにせよ、その後の冷え込みが続いて氷で困ったってのは近年無かったかと思います。

数年に一度くらいのレベルってことでしょうか。

また数年後に大雪あったら、会社休んででも降雪直後に雪かきをしっかりしておいた方がいいんでしょうね。それはそれで大変だけど。

スポンサーリンク
広告 336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告 336×280