宅配ボックスが便利でない場合もある

宅配便の不在が多いってことで宅配ボックスが流行っていますよね。

我が家もネット通販はすごくよく使うので宅配便にはほんとお世話になってます。

今も楽天セールがはじまったからポチポチポチってますのでまたガンガン届きます。

共働きの我が家は双方とも帰るのが遅いので、一番遅い20時から21時と指定していても20時近辺に来られたらギリギリ間に合わない時もあります。

なので、遅くていいですよって来るたびにクロネコヤマトさんには言ってました。

そう言ってたからか、21時過ぎて22時近くなって来ることもあったりしましたが、こちらとしては助かるので別に文句も何も言ってないです。配達員さん見てたらすっごく大変そうですしね。それでもめちゃくちゃ謝られるのでこっちが申し訳ないと思うくらいです。

その普段の行いが功を奏したのか、20〜21時指定だとだいたい遅めに持ってきてくれるし、土曜日曜とかで午前中指定の便があるときは電話してくれたら一番に持ってきますよとか言ってくれたりして、クロネコヤマトさんにはホントお世話になってます。

さてさて、ながーーーい前置きになってしまいましたが、宅配ボックスです。

マンションだとこーんな感じで様々な大きさがあったりしますよね。

私も以前分譲型のマンションに(賃貸ですが)住んでいた時には、宅配ボックスがついていてほんと便利でした。特にそのマンションはオートロックで1階のインターホンの画像が見れないってこともあってピンポンにはまず出なかったから重宝してました。

いゃマンションってセールスが多いからほんと。。。

で、戸建て用だとこんな簡易的なものから

門柱にいれてしまったものとか

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【KS-GP10A-M3】宅配ボックス 門柱ユニット ナスタNASTA  門柱ユ…
価格:85800円(税込、送料別) (2017/8/6時点)

色々とありますよね。

私も後付で設置しようか?って思っても場所がなぁってことで今は考えてません。

今から新築だったらつけることを考えたでしょうけどね。

さてさて、ようやく本題。宅配ボックスが不便だった話。

以前書きましたが、うちの80歳になる母は伴侶を亡くしてひとり暮らしとなったので不便な一軒家を引き払い便利な街中のマンションに移ってもらってます。

それで生活し始めて3ヶ月ってところでしょうか。

生活必需品は米とか水とか重いものも多いので、私がネットから購入して配送してもらってます。

そうやってまぁ不便なく過ごしてきてたんですが、先日午前に届く荷物が届かないことがあって、午後から用があるからと出かけてしまったことがありました。

宅配は午後すぐに来たようで、不在だったから持ち帰らずに宅配ボックスにいれて帰りました。

帰宅してそれに気づいた母です。

いまだに宅配ボックスは使ったことありませんでしたので、まず開け方がわからない。。。

まぁこんなことはこっちのミスですからいいんです。宅配ボックスが悪いんじゃありません。

それは管理人に聞いて開けられるようになったそうです。

でも、荷物が取り出せませんでした。

買ったのは麦茶500mm1ケース。

高齢な母親は宅配ボックスからその重いケースを出すことができませんでした。

それを電話で聞いてびっくりしました。

高齢者目線になってみると確かにそんな重いものはもてません。
特にうちの母は昨年重いもの持ってコケて腰の骨を骨折してますのでなおさらです。

宅配ボックスにそんな盲点があったとは。。。

まぁその時は管理人さんとたまたま訪ねてきた弟の嫁さんに手伝ってもらいながらなんとか持っていったそうです。

宅配ボックスではないんですが、その他にも色々と不便があって、

例えば棚がほしいと。

で、帰省した際にニトリやホームセンターに行って買ったのはいいけど大きくて持って帰れない。

配送を頼むと届くのは数日後。数日後は我々は帰ってしまっている。なので届いても箱から出せないし、組み立てもできない。
また、箱は玄関先までしか運んでくれないからそこに置きっぱなしでは邪魔。

ということが前回帰ったときにありました。

今回も来週帰省しようとしてますが、レンタカー借りて家具を買いに行く予定にしてます。

その場で持って帰れるものか、あるいは翌日に届けてもらえるようなものでないと駄目です。

あらかじめ買うものがわかっていればこっちでネットで買って、帰省した日に届くようにするんですけど、それも難しいです。

色々と考えていなかった老人のひとり暮らしの不便さがわかってきてます。

街中で便利なマンションだからって言ってもやっぱり不便はたくさんあるんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク