シェードの見栄えと効能

さて、シェードです。

風の強い日、雨、快晴と1週間ほどですが目まぐるしく変わる天気の中無事に耐えています。
って1週間程度で壊れてしまっては困るんですけどね。。。

で、雨の日、晴れの日のどうなるのか?

この1週間で観察できましたので報告してみます。

まず、見栄えです。

家の中からはこんな感じに見えます。

上は軒に結びつけ、下はベランダ手すりに結びつけてます。

意外と明るいです。

で、外からはどう見えるのよ?

ってことで、朝会社に行く際にちょっと遠回りをして我が家の向かいの道路まで行って見てみました。

だいたい100m〜150m離れているかと思います。’

こんな感じに見えました。右の窓はともかく、シェード越しにあるLDKはまったく見えませんね。

でもシェードの穴を一つだけ金具に取り付けてないんですがそこがたるんでいるのはまるわかりですね。

これでとりあえずはベランダに恥ずかしい格好で出ていても少しは気が楽です。

で、雨の時はどうなるか?

シェードでも雨は避けれませんね。それなりの雨の時は結構すり抜けてきました。

ただ、小雨となると雨が通らなくなるので、雨上がりの乾きに関してはシェード下のほうが早かったです。

また、日光をどれだけ遮るのか?に関してですが、

わかりませんかね。

影としては木の陰とシェードの影の差は見えなかったのでそれなりに遮ってくれてそうです。

とはいってももわぁってくる暑さはどうしようもないんですけどね。

でも白/赤を選んだせいかちゃんと明るさは損なわれていないので、それを考えるとまぁ正解だったかなって思ってます。

あとはこのシェードがどのくらい持つかってとこですね。

暑さしのぎだけじゃなくて目隠しの用途でもあるので冬でもこのままつけっぱなしかと思います。

以前のホームセンターのボロシェードは半年くらいで破れてきてましたので2,3年位はもってほしいんだけどなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク