DIY ウッドフェンス 作業記録 あとちょっと

長々とやってきましたウッドフェンス。

人生最大の工作でございます。

ようやく終りが見えてきました。おそらく来週には終わる予定です。

さて、この週末の作業を振り返ってみます。

長方形の短辺側の両サイドはすでに終わってます。

長方形の長辺側は3分割してフェンスを張ります。

その3分割した両サイドの上1本だけが終わってる状態です。

そして真ん中の長さを測定して発注したのがこの土曜に届きました。

今回も品質はバラバラ。

一番ひどいのがこんな感じです。

まぁ反りという面でのひどいものですが、割れっていうものでは別にあります。

まぁここらへんは完成したらまとめの中で書いていこうと思います。

来たものは今日(日曜に)塗装しています。

土曜は以前買っておいてまだ塗装していなかった1面分を塗装しました。

参考までに塗装済みのものと未塗装の物を並べてみました。

この色にするのに3度塗り位は必要です。

上が2度塗り。下が1度塗りです。

しかし土曜は暑かった。。。。

で、こうやって塗装後に乾燥させている間にバルコニーに行ってすでに塗ってあった8本の取り付けを行います。

で、取り付けようと思ったんですが、この支柱です。
これ先週の画像。

これがなんとこうなってました。

はやーーー もぅ錆びてる。。。確かにこの1週間で何度か雨が降ってます。

この焼付ボルト。黒って色は良かったし、強度は抜群なんですが錆びるんですよね。

まさかここまで早く錆びるとは。。。。

以前買っておいたステンレスのボルトに変更です。

5mm短いですが大丈夫でしょう。

ボルトが4本しか無かったので、突き合わせる支柱だけ変更しました。ここはボルトが外から見えますからね。

他の支柱のも錆びてたんですが、それはサビを取るだけにしてます。フェンスを打ち付ければ外から見えなく遮断されるので。

先週は苦労したアマゾンジャラの穴開けですが、今回はなんか少し楽でした。

あやうく皿取錐を貫通させるところでした。どうしてだろう?炎天下で木が暖かくなってたからでしょうか?

まぁとにかくさくさくと取り付けて行きます。

はぃ、さらに1面完成!

って、さくさくしすぎたお陰で2つほど失敗しました。

まず1点目。

わかりますかね。間隔が違います。

ちゃんと寸法測って鉛筆で線を引いてたはずなんですが、なぜか6mmくらい違ってました。
どうしてだろう???

まぁ今さら直せないのでそのままです。

もう一点は上の画像の支柱の裏です。


下穴を貫通させてしまいました。

こんなところに穴開けてたら朽ちる可能性も高くなるので放置はできません。

とりあえずパテで埋めてみました。

この上から塗装して隠す作戦です。

さて翌日曜(本日)です。

今日は涼しい。ただ、いつ雨が降り出してもおかしくない天気。天気予報は2時から雨になってます。

まずは来週の為に、昨日届いた最後の1面分9本の塗装です。

それから昨日までに塗り終えていた1面分を取り付けです。

ただ、本日は嫁様がお出かけでいらっしゃいません。

一人で取り付けは無理です。

いゃ、できる!

ってことで、買ってきました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GISUKE/儀助 クイックリリース バークランプ QRB-200 (200mm)
価格:918円(税込、送料別) (2017/6/18時点)

クランプです。

命名「ひとりでできるもん」別名「嫁様いらず」とでも名付けましょう。

これがあればほら!嫁様がいなくても支えてくれます。

ご機嫌をとる必要もありません。素直に従順に働いてくれます。

ただ、、、、、

一つでは不便でした。

もう片方は私が支えているわけですが、ドリルからレンチにとかって色々と作業をするのに片手で板を持ったままってのはかなりしんどかったです。

もう一つ買っておけばよかった。。。。

って後悔しつつも、えっちらおっちら頑張りました。

と、ここまで来たらポツポツ雨が!!!!

急いでお片付けして様子見しましたが、すぐに雨がひどくなったので、これにて終了!

塗装も天気がイマイチだったからか十分ではありません。

この左面があと5枚取り付け。

真ん中の1面分9枚は塗装の仕上げも必要なのでやっぱりあと2日はかかりますかね。

がんばれ おれ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. kasu より:

    お疲れさまです。いつもながら、DIYすごいですね。イベ使われたりすごいです。
    完成までもう少しですね

    当方どもも、ついに図面、構造、意匠、設備が固まり、詳細見積りが出てきました。
    見込みどおりというか、なんだかんだと確定まで手間取って、申請関係は出しましたが、契約に漕ぎ着けるの、もう少しです。
    しかし、構造材も含めほとんど、こちらで指定したので、見積り項目で削れるところがほとんどありません。経済的合意性と家の温熱性能を重視しバランス取ったハズなのですが、積み上げると、やはりしんどいお値段になってます。
    家をお建てになられた先輩方も苦労を正に味わっております。

  2. kero より:

    お久しぶりです
    DIYとしてはかなり自分的には頑張ってる方ですが、思ってたよりは良く出来てると思ってます。もっとショボいものができるのかと思ってましたので。。。

    ようやく契約に行けそうですか?
    しかし、かなりの項目を熟考されたんだと思いますが、相当な労力だったかと思います。そこまでのこだわりはほんと尊敬いたします。
    契約・着工されましたらまたお知らせください。
    どんな家ができるのか楽しみですので。