作業台を作りました

来るべきウッドフェンス製作へ向けて作業台を作ってみました。

そこにフェンス材置いて塗装したりって感じで考えてます。

まぁDIYですけど、難易度としては一番簡単な部類に入るでしょうか。

使ったのはコレです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【作業用品】FULTON 400SHB ソーホースブラケット 鉄 2個 V004004
価格:585円(税込、送料別) (2017/3/18時点)

まさにこの画像にある台を作るだけです。

まぁ台というか足だけとも言えますが。。。

ソーホースブラケットとしては100/300/400と型番があるようで、上に紹介したのは一番安い400ですが、300、100と行くに従って耐荷重が大きくなります。その分高くもなりますけどね。

確か400でも135kgとかだったので、十分すぎます。なので一番安い400SHBってのを買いました。

あとは木ですね。よくある2×4材が使えます。

ホームセンターで安く売ってます。

私の場合ですが、急きょ思いつき、今日作りたかったので、ネットで買わずにホームセンターで買ってきました。

ソーホースブラケット 2個入り 1180円
2×4材 1820mm 298円

どちらも税抜価格です。

ただ、2×4材は割れたり傷ついたりってものも多かったのでじっくりと選定しました。

さて、ソーホースブラケットは2個入りなので、2セット必要ってのはすぐわかります。

木の方はどうするか?

サイズをどうするかで決まってくるんですが、私の場合は

足を80cmとしました。そうすると作業台の高さが87.5cmくらいになるそうです。

1820mmの長さなので効率を求めると90cmでもいいんでしょうが、それだと少し高すぎるかな?ってことで80cmにしてみました。

逆に60cmにすれば1本から3本取れるので少しお得ですが低すぎるかな?って思います。

横につなぐ木(なんていうんだ?)は1820mmの長さを活かすために90cmにしてみました。

なので、結局

ソーホースブラケット(400SHB) 2セット
2×4材
80cm × 8本
90cm × 2本

木ネジ 少々

が必要になります。

2×4材ですが、1820mmのを結局4本買ってカットしてもらいました。

ちなみにカットは30円ですが、コーナンの場合コーナンアプリを入れてると10カットまで無料になるクーポンがいつでも使えます。これ何気にお得ですよ。

というわけで、結局ネジを除くと4158円かかったことになります。

では、早速作っていきます。

材料はこちら。

電動ドライバーがあったほうが便利ですが、2x4材って柔らかいので普通のドライバーでもそこまで苦じゃないかと思います。

ちなみに私この↓リボルバータイプの電動ドライバーが無性に欲しいです。
次のクリスマスにサンタさんに頼んでみるつもりです。

まず、ソーホースブラケットです。

こんな単純な作りです。でっかい洗濯ばさみですね。

これに2×4材を突っ込みます。

一応、ささくれてる方とか相対的に汚い方をつっこんでみました。

ヤスリを掛けるとか色を塗るとか一切手間を掛けない楽々コースです。

で、穴があるのでそこをネジ止めしました。

片側4箇所あるんですが、2箇所で十分かなってことで2箇所しか止めてません。

ネジは家に余っていたこいつを使いました。
これより太いと入らないみたいです。釘でもOKのようです。

あっという間に4本足ができました。

で、洗濯バサミで残りの2×4を咥えて組み立てます。

この上に板をおいてテーブルとして使ってもいいし、このまま塗装の台としてもいいし、まぁ色々と使えるかと思います。

で、普段は物置きにしまっておきたいので、横木は固定していません。

この状態にして物置に入れておきます。

というわけで製作時間30分もかからなかった簡単な作業でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク