にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

5月とほとんど一緒6月の電気代

毎月恒例 電気代報告のお時間です。

先に前提(仕様の詳細は KERO House 仕様 を御覧ください)

オール電化

契約プラン:電化上手
朝晩(7〜10、17〜23時)25.92円
昼間(10〜17時)31.64円
夜間(23〜7時)12.16円

太陽光(余剰電力買取)
パネル  6.48kW
パワコン 5.9kW

蓄電池 5.53kWh
(レンタル 月3122円)

です。

まずはTEPCOからの明細。

20160709b

題目は7月分となってますが期間は6/9〜7/7(29日間)ということなので、いつものように実質的な6月分として紹介・比較していきます。

244kWh(+17kWh) 4428円(+79円)

内訳は
朝晩  0kWh(±0kWh)
昼間  17kWh(-1kWh)
夜間 227kWh(+18kWh)

売電 495kWh(-202kWh)18315円(-7474円)
()内は先月比。
でした。
最安だった5月とほとんど変わらない電気代ですね。
売電は別ですけど。。。

さて、次はHEMSデータで本当の6月分(6/1~6/30)を見てみます。

総使用量 383kWh(-2kWh)
朝晩  63kWh( ±0kWh)
昼間  74kWh( ±0kWh)
夜間 247kWh( +3kWh)

買電量 252kWh( +6kWh)
朝晩  20kWh( +1kWh)
昼間  0kWh( ±0kWh)
夜間 232kWh( +5kWh)

発電量 663kWh( -219kWh)
売電量 532kWh( -215kWh)
売電価格 19697円( -7962円)

となり、使用状況はTEPCOと同様に5月と殆ど一緒です。ちょっとびっくりです。

これで、電気代としては、推定約5,335円( +83円)。
太陽光無しの場合の推定金額 約8,763円( +18円)。
となりました。

※余剰電力契約だと太陽光で補っているんで、そんな金額を出しても同じ容量でもない限り意味ありませんので、使用電力全てを購入した場合として太陽光無しの場合として計算値を出しています。
しかし、蓄電池効果は除去できていません。

あら?TEPCOとの請求額と開きが大きいですね。1000円も開いてる。
以前はほとんど一緒だったのに。なんでだろ?調べておこう。

と、使用状況は5月とほとんど一緒なんですが、発電状況だけは全然違ってて、かなり落ちてしまいました。今年最低です。

その証拠に日照時間も先月の200時間超から一気に下がって140時間のようですし。
瞬間最大発電量も5kWhとダメダメですね。梅雨のせいだーーー

最後に今年の買電力の推移はこちらです。

20160709a

あいからず殆どが夜間電力な我が家です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク