東電の新プランでの試算

電力自由化で安くなるって話題になってますが、どうも腑に落ちないです。。。

ってことで、先日も試算しましたが、1月のHEMSデータも出ましたのでそれをもって新プランだとどうなるのか試算してみます。

まず1月のデータです。
時間帯別のグラフを示します。

20160211a

電化上手に特化されております。

これで、電化上手プラン契約で11828円です。

さて、東電の新しいプランはこんな感じです。
20160211b

各プランの詳細は↓を御覧ください。
料金プラン一覧 (ご家庭のお客さま)│はじまる!電力自由化│東京電力

ちなみに我が家は10kVA契約ですが、新プランでのスマート契約という動的な算出方法で今月を計算すると11kW(11kVA)契約となります。先日の計算では平均から5kと計算しておりましたので、さらに高くなりますね。基本料金だけで3~5000円とかいっちゃいます。

で、各プランを試算してみると

プレミアムプラン 26,086円
スマートライフプラン 22,544円
夜トク8プラン 19,170円
夜トク12プラン 18,907円
スタンダードプランL 24,067円
スタンダードプランX 27,817円

と、かなり高くなります。

まぁ実際に上記のプランにしたとしたら、床暖房や食洗機の時間設定を調整はしますから多少は安くなるとは思いますが、それでも今ほどにはならないでしょう。

これを堂々と新プランと称して出していることや超値上げだと問題視しないメディアに怒りがこみ上げてきます。

東電のWEBには一応
20160211c

と載ってますけどね。

電気料金のみを考えると…

ですが、他に何を考えるとオススメになるのかな?ポイントが1万円分とかつくとか???

今後どうなるか?

既存プランの継続はできるけども、今後価格改定で高くなっていくかもしれません。

ひょっとしたらオール電化向きな安い新プランが出るかもしれません。

と、今後の行方によりますが、とりあえず都市ガスOKな人はガス併用を検討する価値がもっと出てくるかもしれません。

我が家もガス併用にあとから変更できるように少しばかり工夫を施しているつもりですが、できればこのまま電化上手でいきたいんですけどね。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク