にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

蓄電池工事の後始末

夢を見た蓄電池レンタルですが、一筋縄にはいっていません。

まず思っていたより効果が薄いことってのがありますが、まぁこれは自分の認識と計算が甘かったってことがありますが、災害や停電とか今後起こると印象が変わってくるかと思いますので問題ではありません。

工事ですね。

まず最初の工事。

センサーの逆向き取り付けによって蓄電池の電力を売電してしまいすぐに空になってました。
これは契約違反になるはずですので、すぐに停止しました。

我が家は3相電力でのUV相が逆に来ているとのことで、こうなったらしいです。
でもUVが逆に来ているような家はたまにあるとのこと。

まぁどちらのせよ、動作確認が不十分だったってことでしょうか。
朝8時半からの工事が終わったの夜8時位でしたからね。

で、その後センサの向きを直してもらう工事よりも先にシステムダウン。
太陽光のブレーカーが落ちて、太陽光が発電しなくなるという現象が起きました。

来てみてもらっても原因がわからないということで、システムから一旦蓄電池を切り離してもらいます。

この時に重要分電盤そのものの系統を外しただけだったので、工事の人が帰ったら重要負荷(冷蔵庫とかダイニングの電源)が来ていないことがわかり焦ってすぐに電話して繋ぎ直してもらいました。
この時、連絡先の携帯の電話番号しらなかったら偉いことになってたかもしれません。

で、その後約20日間蓄電池はおろか太陽光すら使えない時期がありました。

そして、太陽光の問題ということなので、パナソニックさんに来て見てもらったら
ブレーカーに傷があってこれで接触不良起こしたんではないですか?との事。

確かに損傷した跡がありました。
20150805a

なぜこうなったのか?はわかっておりませんが、
新築で新品を取り付け、その後問題なく2ヶ月強使えていたのに蓄電池の工事後の3日後にいきなりダウンするってのは、疑われても仕方ない状況かとは思いますが、証拠は特にありません。

まぁパナソニックさんの神対応でブレーカーを無償交換としていただきましたので、原因はともかく太陽光は復活しました。
約3週間の太陽光ダウンはそれなりに損害がありますね。

でも蓄電池はまだ稼働しません。
蓄電池の再開工事は東京電力との連携確認の日にするってことで、ここからも待たされます。

太陽光復活からさらに3ヶ月後の10月中旬にようやく蓄電池が稼働し始めます。

最初の工事が6月ですから実際に稼働するまで実に4ヶ月もかかったことになります。

また、レンタルを取り扱っているONEエネルギー社ですが、契約前まではレスポンスも早かったですし、技術的な質問もわざわざ技術部長さんから電話いただいてまで対応していただけました。

ところが、契約後工事あたりからは担当者が変わったとかもあり非常にレスポンスが悪くなり
メールの返事が全然来ないからWEB問い合わせから問い合わせたりとか色々と苦労しました。

また、我が家に来てくれている工事担当者も工事を請け負っている会社のさらに子会社の方らしく、3つの会社が絡んでいる状況です。

その工事の方の作業ですが、分電盤を取り付ける際に穴を開け間違えたらしく、失敗した穴がありました。

20151201a

分電盤をあけてみないとわからなかったので私も気づくのが遅れた次第です。

とはいえ、あきらかな失敗ですので、その際に補修するなりあってもいいかなと思うのですが、穴を開け間違えたことすら伝えてくれなくてそのままにされていました。

まぁ分電盤の中なので目立ちはしないのですが、心配なのは、ここが柱がむき出しになっているということから、もしここからシロアリ被害が出た際にはちゃんとシロアリ保証が効くのか?ってことです。

私が選択したホウ酸のボロンdeガード工法は最長15年保証です。
ホウ酸噴霧処理は表面だけのはずなので穴開けられたところはホウ酸処理がされていないはず。こういうところは想定外のはず。

問題が出た際に揉めるのは嫌なのでいまのうちにホウ酸処理を追加で行うなり穴を埋めるかしてくれとお願いしました。

で、ジューテックさんとかボロンdeガードを施工した会社に確認してもらった所、ホウ酸処理は基礎から1mってことだったのでこの部分は処理はされていないので、シロアリ保証には特に影響しないとのことでした。

なのでこのまま放置でもまぁ問題は無いのですが、穴埋めだけさせてくださいってことでしたので、先日穴埋めをしてもらった次第です。

分電盤の中なのでクロスは貼らなくでいいですって言いましたので、コーキングで埋めただけです。
20151201b

10年後のレンタルが終わっても分電盤はつけたままだそうですので、外から見えることはないようです。

10年後はさらに新しいレンタルプランを提供することを考えているとも聞きました。
これで蓄電池の工事に関しては方がついたのかと思いますが、問題は工事担当者の方の質ですね。

原因不明のブレーカー破損は置いておくとしても、センサーの逆向き取り付けや今回の穴開け&放置。
また、工事中に蓄電池を2度もショートさせて目の前ででっかい火花を見ることもありました。

これは改善をお願いしたいです。

でも、一時期は対応のすっごく悪かったONEエネルギーさんですが、今回の穴問題での対応はすこぶる良かったです。

気持ち悪いくらい。

担当者がまた変わってますが、今までと違って、メール問い合わせをした直後にすぐに電話でフォロー。そして要件を確認し、またすぐに連絡とすばらしい対応です。

また、今回の工事ではいつもの工事担当者の方だけでなく、その工事会社の上司っぽい人。そしてONEエネルギーの技術担当者、更に加えてONEエネルギーの部長さんまでこられて謝罪されました。

おまけに菓子折りまで持ってこられてます。
20151201c

いやぁ美味しかったです。

でも、そこまでやられると、なんかモンスタークレーマーになった気分ですが、状況を考えるとクレームは正当な権利かなぁっとは思うんですけどね。。。。

いきなり対応が変わったのにはびっくりしましたが、まぁとりあえずようやく蓄電池関係の工事が終わったという意味では一安心です。

工事は当分無いでしょうが、10年レンタルということで今後長い付き合いになるので、この対応が続いて欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク