タマリュウでも枯れます 場所に注意

昨日はジューテックホームさんが3ヶ月点検時のアフターフォローに来られて、基礎のヘアークラックの修復とかしていただきました。

横でボケっと見ているのも何なので私も家の周りのお掃除をしていたわけです。

この時期は枯れ葉が多くなります。

我が家の周り。防草シート+(一番安い)砂利としたところがあるんですが、そこに溜まる枯れ葉ってお掃除が大変ですね。
ほうきで掃いたりできませんから、基本は手で拾うのみ。。。あーしんど。。。
20151101a

コンクリートとかだったらほうきでホイホイってできるんですけどね。
コストかかりますしね。コンクリだったら味気ないからってタイルとかって言い始めるともっとかかりますし、まぁ仕方ないかなぁって感じですね。

で、それとは別問題としてタマリュウさんがあります。
駐車場とかのコンクリの目地に入れるもの。ゴムとか砂利とかと並んでタマリュウもメジャーかと思います。

我が家もタマリュウと砂利の部分があります。

こちらがそのタマリュウ。
20151101b
ここにも枯れ葉とかゴミが溜まるとか、整ってないとかってのは置いておき。。。

ちゃんと育ってます。こちらは特に毎日水を上げるとかしてませんが、野ざらし部分なので陽に当たるし、雨が降れば濡れます。だからでしょうかね。もともとタマリュウは手間がかからないってことで選んだわけですから。

で、違う場所のタマリュウさんはこんなかんじになってます。
20151101c
こっちは枯れかけててヤバイです。

ここはどういう場所かというと、
20151101d
と、雨勾配がついたカーポート付きの駐車場エリアです。

フロントの下の目地にはタマリュウを。
後ろのほうの目地には砂利をいれました。

こっちは後ろの砂利ね。
20151101e

タマリュウを前にしたのは、外(道路)から見える方に持って行きたかったからです。

で、洗車時は水栓が後ろにあるので、ちょっと車を下げてから洗車しますので、洗剤が砂利の目地で止まってくれてタマリュウのところまで行かないのでこれで良かった!って思ってました。

ところが、この枯れです。
車の下ということで陽があたりにくい。ってのが一点。
それよりも水不足ってのがおそらく大きな原因かと思います。

降雨時、車の後ろから水勾配で流れてくる水は砂利の目地で止まって雨水枡へ行きますのでタマリュウまでほとんどたどりつきません。

普段の水やり時でも車の下にあるタマリュウまで水を上げるのは大変っていうか届きません。

先に使ったこの画像
20151101c
これはこの画像のために車を下げて撮ったため出ていますが、これだと車のお尻がカーポートからはみ出て濡れちゃうので本来はもう少し前に止めてますからタマリュウはもっと隠れてます。

これでも大丈夫かなぁって思ってたんですが、流石にダメでした。
強いタマリュウさんでもさすがに環境が悪いと枯れていくんだなぁっていう教訓でした。

さて、今後どうしようかなぁ。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク