にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

3連休のお出かけは瀬戸内

親の調子が悪く入院中なので2、3ヶ月毎に帰省しているのですが、この連休も帰省してきました。
そのお見舞いついでに足を伸ばしてプチ旅行も組み込んでみました。

プチ旅行先は大島。
大島といっても伊豆のではなく、県で言うと山口県になります。

地元民は大島って言ってますが、正確には周防大島(屋代島)というんでしょうか。

山口県の中でも瀬戸内の広島に近い方。地図で言うとこの黄色いところです。
20151012a

ご覧のようにに大きな島ですが、関東からだと広島や山口に行くことはあってもこの大島まで行くということはなかなか無いのかと思います。

帰省したらいつもおいしいお魚やお野菜をくれる叔父の実家もこの大島から橋でもう一つ渡るローカルな中のローカルな小さな島にあるそうで、定年後の身なので週の半分をこの実家で農家や漁師しながら過ごしているそうです。
大島の中でもさらに遠いところなので我々親戚の殆どがそこまで行ったことはないそうですが。。。

かくいう私も大島には子供の頃キャンプや海水浴で行ってたという記憶がありますが、なんせ●十年前の小学生低学年の頃の話なので大島のどこに行ったのか?まではまったく記憶にありません。

なので、今回私が訪れるのも●十年ぶりという恐ろしいくらい時が経っているわけです。

金曜の夜会社が終わってから行きましたので、まずは広島市内に1泊です。

20151012b

それから父親の入院する病院に寄ってお見舞いしてから大島へ向かいます。

本土から大島へは橋があるのでフェリーとかは不要です。

その本土側のローカルな大畠という駅にて山口県在住の今回の旅行に便乗する叔母を拾いました。

その後大島に渡り車を進めますが、さすがに田舎町。コンビニもほとんどなければ信号すらほとんど無い。

広島から高速使ったこともありますが、車の平均時速50km/lと表示されるくらいハイペース。
おまけに車がプリウスなので燃費25km/lとかすっごい値を示してます。
うちの車と2、3倍以上違う。。。すごいなぁ。。。

さて、サザンセトとうわという道の駅につきました。
20151012c
20151012d
天気はいまいち。
The瀬戸内海 って感じの小島があちこちと。こういう風景は懐かしくて大好きです。

宿はここからは近くだったんですが、時間もあるので島の先っちょの方まで寄り道していってみました。

陸奥記念館
20151012e

20151012h

その横はキレイなキャンプ場が。
20151012f

そしてその隣の日本一小さな水族館というなぎさ水族館

これまた子供の時以来何十年かぶりに生きたカブトガニを生で見たでしょうか。
20151012g

ここらへんの施設は私が来ていた子供の頃は無かったはずです。

それから先は細い田舎道。さすがに観光客もほとんどこないところらしく整備はされていません。
それでも住んでいる人がいるからすごいですね。バス停もありましたし。

島をグルっと3/4周して四国方面が見える海岸にある宿につきました。
宿はサンシャイン サザンセト

今回同行した叔母の息子が私の従兄弟になるのですが、そのお嫁さんセレクトです。

いや、今までの田舎な景色とは違ってここだけ南国リゾートなすっごい場所でした。
20151012i

20151012j
この日は水上バイクのレースっぽいイベントをしていたようです。

20151012k
目の前がプラペートビーチっぽくキレイに整備されています。
夏だったら海水浴客にもってこいでしょうか。

で、この位置というと、おそらくこの巨人の足の横に見える島
20151012l
これがDASH島(愛媛県)かと思われます。
うっすらとは見えていましたが、もっと澄んでいれば四国本土もキレイに見えるんじゃないでしょうか。

夕食もおいしかったです
20151012m
コレに加えて地元牛のお肉まで。

海岸は東側。朝6時11分が日の出です。キレイですよ!って教えてもらいましたが、天気がイマイチで朝陽は綺麗に見えず
20151012n
残念。。。

次の日も道の駅によってお買い物。
海の幸もいただきました。
20151012o
でっかい牡蠣です。

土産は海のものだけじゃなくてこういった柑橘系も名物で美味しいです。
20151012q

ちなみに帰省する度に美味しくて買ってきてたこのお菓子。

最近こちらのスーパーでも見るようになって嬉しいやら悲しいやら。。。

で、帰路もまた病院によって父親の顔を見て帰ってきました。

広島駅では恒例のこいつで〆です。
20151012p

次は正月休みでの帰省の予定です。
ですけど大島まで行けるのは何年後かな?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク