現場見学3点セット

来週末は現場見学というか施主検査なので、明日はいよいよ最後の現場見学になりそうです。

家を作るなんて普通は一生に一度がせいぜいでしょう。
私も例外ではありません。

現場見学は最初はドキドキでした。
話しにくい職人さんだったらどうしようとか、、、

とはいえ、最初の基礎工事の頃は日曜ばかり行ってたので現場で誰にも会いませんでした。

着工7週目位から土曜に行くようにしたので、毎回職人さんと顔を合わすようになりました。

毎週同じ人がいらっしゃって、いろいろと話せるようになりました。

それとともに、差し入れも充実していきます。

あるときにはビールもっていった時もありました。
冷やして持って行ってませんよ。その場で飲んでね!じゃないですから。

まぁ基本は温めたコーヒーとかお茶ですね。

一見さんの職人さんというか業者さんですかね。ある設備を付けるためだけの人。おそらくその時だけの人。の中には無愛想な人はいましたが、まぁ基本的に職人さんは皆話しやすく愛想が良かったですし、現場で嫌な思いをすることは全く無いと言っていいほどだったので、良かった方なんでしょうかね。
他の現場を知らんのでなんともいえませんけど。

さてさて、前置きが長くなりましたが、現場見学に持っていってるモノのご紹介です。

まずは図面です。
仕様書
これ昔の画像の使い回しですが、一番下の冊子になっているのが図面です。
家の図面から設備の図面まで全て揃ってて分厚い本になってます。

現場見学ですから、現場で色々と確認するわけです。

あれ?ここはこれでよかったっけ?とか全て覚えていませんので、その場で確認するために図面は必須です。

まぁ現場の職人さんも同じ図面を持っているんでいざとなれば見せてはもらえるんですけどね。

加えて、消せるボールペン
図面はもうもらえないので、大事な資産です。
鉛筆で書き込むと色的に書いたのがわかりにくい。
なので色付きで書き込みたいんだけど、大事な図面に書き込むのも気が引ける。
そんな時に消せるボールペンです。これはとっても便利。

今まで知っていても不要だろうと持っていませんでしたが、ジューテックホームでの打ち合わせの時に営業さんが使っているのを見て、こういう時に超便利だ!とその帰りのホームセンターで買いました。それ以降の打ち合わせから使ってます。

そして、メジャー
100均の使ってます。これで十分でしょう。

最初の頃は付けてもらった下地補強やネジ(釘)がどんなふうに入っているかとかメジャーで測りつつ画像に残してます。

また、最近はソファをここに置くとどのくらいのイメージになるのか?とか配置の確認をしています。

カメラほいでもってカメラ

まぁこれはブログに載せたりってこともありますが、最強のメモツールですからね。

とにかくバシバシ撮っておく。入居後にはわかりにくい柱とか構造部分を後から見直すには便利です。

だいたい多い時で200枚位撮ってる感じですが、クセがあるようで足元があまり撮られていなかったりとか偏ってて、今更ながら後悔したりもしてます。

あと、外構を考える上でも家の外をもっと撮っておけばよかったかなーとかも。

と、基本この3種類。
あっボールペンいれたら4種類だ。

を毎回持って行ってます。

当然明日も持っていきますよ~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク