にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

リモート温湿度計買いました

無事完走できた先日の楽天お買い物マラソンで買ったもの。
こいつです。
THD501
お家ブログでよく見かけるシチズンのコードレス温湿度計です。
みんなが持っているものが欲しくなる今日このごろです。

コードレスって言うよりもリモートって言う方が良い気がします。
普通の温度計ってコードレスですもん。

ってことはさておき、リモートってのがミソですね。

私もずっと欲しかったんですが普通の温湿度計に比べてあまりにも高いので躊躇してました。
でも、高高住宅への新居引越を目前に控えポチってしまいました。

外気の状態を家にいながら分かるって結構便利ですよね。

新居まで我慢しようと思ってましたが、我慢できず開けてしまいました。
THD501

何も考えず電池入れるだけで子機の気温がわかりますね。楽。

おぉぉぉ外は4℃かぁ寒いなーとか、湿度高い!雨か?とかわかっていいです。

ちなみに今、子機はベランダの物干し竿にぶら下げてるだけなので、昼は直射日光があたるので意味ないでしょう。
新居に行ったらちゃんと設置します。

で、私はそれだけじゃなくて、屋根裏とか床下にも設置したく思ってます。

屋根裏はルーターやハブ等のネット機器を突っ込もうと思ってるんで、いったいどのくらいの温湿度になるのか?
ってのがとっても気になってます。

ネット機器って暑さに弱い精密機器ですから、冬はどうでもいいですが、真夏にどの程度の環境下にさらされるのか?ってのが大事です。

普通の家の屋根裏ってクソ暑いですよね。
神奈川にある嫁のほうの実家は天井に断熱材が敷いてあるので、屋根裏に上がるととっても暑い。
あんなところじゃ機械はまず動かないでしょうか。。。

でも、新居は屋根断熱なので、断熱材の内側になる屋根裏は理屈上は部屋と同じ。

ただ、換気もないし空気のつながりが薄いので、エアコンで冷えることはないでしょうし、ひょっとしたらネット機器そのものが発する熱で暑くなってくるかもしれません。

それが何℃になるのか?

だいたい機器の使用温度の上限って40℃が多かったりします。業務用とかいいもので50℃でしょう。

その監視の意味なので、まぁ毎年必要ではなくて、一夏見れればだいたいわかるんですけどね。

もしオーバーするようなら、屋根裏点検口を常時開けておくとか、そもそもそこに設置しないとかちょっと考えないといけません。

さて、次は床下

まぁこれは想像でしかないんですが、床下は断熱の外。
それでもベタ基礎での床下なので安定した気温になるんじゃないかな?って思ってます。
夏は外気温よりちょい低く、冬はちょい高いのか?

まぁそこはいいとして、知りたいのは湿度です。

新品のコンクリートはいっぱい湿気を含んでおり、徐々に放出していくとのこと。
湿気が安定していくさまが見れるのか?

その前に、たとえば水漏れしてたりとかで基礎が濡れていたら湿度が上がるはず。
そういった不具合も見つけやすいのか?っって思ったりしてます。
これはまったくの想像。。。

まぁこれも最初だけでいいような気もしますけど。

ですので、子機が3個位は欲しかった。

ネットで探したらそういうのもあります。

↑はamazonで子機が一つですが、こんな感じで子機が3つついたやつとかAliExpressとかでは結構あります。

http://www.aliexpress.com/store/product/Indoor-Outdoor-Temperature-Humidity-3-Remote-Sensors-Wireless-Weather-Station/344623_1456946946.html

ただ、送料安いとクソ遅そうだし、早めに欲しいとなるとシチズンのと似たような価格になっちゃうってこと。そして電波時計が日本に対応していないって事もあってやめました。

冬には床暖房との関連を調べるために温度を調べたく思ってますので、どちらかというとログが取れる温度計が今度は欲しいですね。

と、ほしいものはたくさんありますが、買えるのはいつになることやら。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク