にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

屋外ライトのセンサーの種類がわかりにくい

先日の配線確認時に屋外の照明の変更をお願いしました。
あれほどじっくり選んだつもりだったのに、見なおしてみたらセンサーのタイプが間違ってたんですよね。

ひょっとしたら以前はそれでいい!って思ってて心変わりしたのかもしれませんが。。。

まぁとにかく照明器具ならまだ変更できると思うので、ここらでもう一度おさらいをしてみます。

我が家の屋外照明は未定の外構部分を除き6個設置予定です。
そのうち一つは2階ベランダ用で、ON/OFFだけのセンサーはないタイプ。

ですので、残りの5個について考えてみます。

まず玄関。
玄関の上に埋め込みのダウンライト。

と、壁にブラケットライト。

があります。

使い分けとしては、
ダウンライトの方は、普段消灯。夜に人が来たら点灯。いなくなったら消灯です。
ブラケットライトの方は、夜はほんのり点灯。人が来たら全点灯。いなくなったらまたほんのり点灯。
もちろんどちらも昼は消灯です。

で、DAIKOのDDL-4497YWはON/OFFモードを使うということでOK。
Panasonic LGWC80230LE1の方はお出迎えモードでOK。

次、南の土間側です。
壁にブラケットタイプのKOIZUMI AU40265Lを設置しています。

こちらは他人がまず来ないお庭の方になります。
田舎ですし、街灯もあたらないので、お隣さんの灯りが漏れてこない限りおそらく真っ暗になるところ。
ですので、夜の間はついていて欲しいところです。

単なる明るさセンサだけでもいいんですが、やはり防犯のために人が通ると光るってのも欲しいなって思って、6時間もしくは8時間タイマーモードで使用する予定です。
これは暗くなったら6時間もしくは8時間ほんのり点灯しその後消灯。人がきたら全点灯
っていうモードです。
暗くなってから6時間なので、寝る頃までは点灯していて寝てる頃は真っ暗。
なので、その後点灯したら外に不審者がいるということかな?
この灯りは寝室の横の壁なので、万が一の時には気づきやすいかもしれません。
逆に夜中に点灯すると怖いですけど。。。。

さて、残りの2個は同じ機種。配線確認時に変更をお願いしたところで、東西にある2箇所のガレージエリア用です。

元々は同じKOIZUMIのこちらに指定していました。

でもセンサータイプが違っていたので、変更してもらいました。

人が来たら点灯して普段は消灯ってのがこのタイプ。

でも、ガレージエリアは道路から面した部分。
なので、玄関壁のライトと同じように、普段は薄暗く点灯させておいたほうがいいかなと。で、人が来たらフル点灯。
ということで、調光モードがあるAU40749Lにした次第。

しかし、LEDだからつけっぱなしに遠慮が無いですよね。
10%の明るさでほんのり点灯なんて、1Wも食わないんですもん。
白熱灯とかなら絶対そんな真似したくないですね。

でも人が来たら点灯ってのも考えものですよね。
いま帰宅時にとある人の家の前の道路を通るだけでピカ!って光るところがあります。
悪い事してるわけじゃないんですが、なんか犯罪者扱いされてそうで気分悪い。

なので、我が家も設置されたらセンサーの範囲をしっかりと調整しないと。。。

で、今回見なおしてみて特にこれ以上の変更は不要でしょうかね。

最後に参考までに各社のセンサーの動作を。
名前だけじゃよく動作がわからんですよ。各社違うし。

人感センサー[屋外用]@DAIKO

屋外用人感センサのタイプ@KOIZUMI

屋外用 FreePa お出迎え〔点灯省エネ型〕@Panasonic

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク