外構打ち合わせ 1回目

先日の気密測定の時に外構の打ち合わせも行いました。

外構の打ち合わせは現地で実際に見ながら行うのが普通らしいです。

相見積も考えてはいますが、まず最初はジューテックホームさんの指定業者さんとの打ち合わせから行います。

外構っていうイメージからガテン系な方が来るのかと思ったら、おねーさんでした。
そういえば、外構もコーディネートですもんね。エクステリアコーディネーターさんって感じでしょうか?

この時のために準備した資料を出して説明します。
なんか、こういう資料を作ってくるのを期待されていたようで、嬉しいやら恥ずかしいやら。。。

ちなみに、こんな感じの資料で、3Dホームデザイナーでは作るのに何十時間も掛かりそうだったので、使い慣れたパワポで10ページ位書きました。
gaikou

基本はお隣さんとの境界はやっすいブロックとフェンスで。

そして玄関前はクローズドで。ここらへんはやはり化粧ブロックを使いたい。

駐車場もシンプルなコンクリだけじゃなくて、多少は飾りを入れたい。

南の庭は自分でDIYするんで、防草シートをかけるだけとか。

コストダウンが大事ですので、南の土間の上にウッドデッキを!っていう夢はもちろん封印です。

その代わりにカーポートと電動跳ね上げゲートを!という夢は入れさせていただきました。

でも、玄関ポーチのタイルはそのまま外までつながってほしいし、
じゃぁ階段もそれなりに色合わせて装飾して欲しいしって言い始めたら、うぬぬ。高くなりそう。。。

そんな感じでコストを考えつつも自分なりな希望をいっぱい伝えてみました。

さて、これでいくらと出てくるか?
カーテンなんかとは桁が違うはずなのでドキドキです。

そこそこ安ければこちらの業者に頼むことを考えます。
高ければ、ここからさらに削るか、他を考えるか?

そもそも出てくる費用が高いか安いかっていう指標もよくわかっておりませんが。。。

っていうよりも、自分の考えてるイメージがちゃんと伝わったかどうか?
具現化するセンスというかそこらへんの相性ってのもあるのかもしれません。

ちなみにジューテックホームの担当のインテリアコーディネーターさんはとってもセンスがいいって嫁が特にお気に入りです。良い悪いじゃなくてセンスが会うかどうかってのも大事ですよね。

外構をジューテックホームさん経由で頼む場合は、家の工事と並行で出来ますし、工事で何かあった場合にどちらの責任かという問題が出ないというメリットがあるそうです。

逆に、自分が他の業者に直接頼んだ場合は、利便性を考えて引渡し前に工事はやらせてくれるとは思いますが、何かあった時(家が傷ついていたとか)に誰の責任か?っていう所在が不明になりトラぶることもあるそうですので。

まぁ値段次第ですね。ジューテクホームさん経由ですと監理費ってのが発生しますし。

あードキドキ。。。

ちなみに、外構業者からのDMはあれ以来届きません。
もっと来て欲しかったのに。。。
しかも地元から来ないし。。。どうしてだろう???

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク