にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ

オール電化 vs ガス併用

当初のプランとしては、
掃除のしやすさ、火という危険性の少なさからキッチンはIH。
給湯は効率を考えて太陽熱+ガス。
にしたいと思ってましたのでそれで見積もりをもらいました。

ところが、太陽熱+ガスが高かった。

効率で言うとせいぜい20%の太陽光と40%と言われる太陽熱では明らかに違うって思ったんだけど。。。

しかもこのノーリツのシステム。太陽熱+太陽光にしてもらったらノーリツの太陽光は効率が悪く3kWも乗りません。
まぁ最初のプランは屋根の形が悪かったこともありますが。。。

太陽熱のシステムと組み合わせるエコジョーズは標準品の他メーカーのエコジョーズより高かったし。。。

また、エコワンはどう?って聞くと、
効率の面ではいいけど、価格のこなれているエコキュートなんかより高いとのこと。うーむ。ダメか。。。

あと、ガス併用だと蓄熱床暖房がガスになってた。給湯が兼ねられるのでその方が初期費用は安い。

でも蓄熱型というのなら夜間電力を使う方がランニングコストははるかに得だと思うので、そこを電気にしてもらいたく、結局オール電化で再度見積もってもらったわけです。

すると予想外に費用があがってしまいました。

予算を抑えるためにどうしたほうがいいのか?

2度の見積もりを比べてみます。
下記は見積書から設備費用と工賃等をざっくりとまとめてみた結果です。抜けや間違いもあるかも。。。

ガス併用
 ガス配管工事 25万
 エコジョーズ 10.5万
 床暖房(ガス)2.5万

ガス併用(太陽熱)
 ガス配管工事 25万
 太陽熱 80万
 エコジョーズ 18万
 床暖房給湯 2.5万

オール電化
 床暖房給湯 45万
 エコキュート 54万

まとめると
ガス併用 計38万
ガス併用(太陽熱) 計125.5万
オール電化 計99万
となります。

ただ、この見積もりはIHの時なので、キッチンまでのガス配管工事は入ってないかと思います。
なので、ガスの場合はもう少しあがるかも。
ただ、IHよりガスコンロのほうが安いはずなので、その分相殺されるかな?

また、オール電化のエコキュートは一番安いやつで、実際は容量をあげてハイパワー&ほっとアワーにしようと思ってたりしますのでその際は+10万ちょいにはなるかな。

太陽熱システム時の太陽光はノーリツで無くてもいいらしい。その代わり隙間ができるとのこと。
とはいっても太陽熱分太陽光が減るのは事実。
太陽熱システムの価格を考えると得とは言いがたい。

で、ガス併用とオール電化の差は60万。
ガスと夜間電力をメインで使うオール電化の給湯・暖房費の差はかなりあると思う。
その差をざっくりと月5000円だとしても、12ヶ月、15年で90万。
やはりオール電化で行くか。。。

この先の夜間の電気代とガスの費用がどのくらい縮まってくるのか次第だけど。。。

この先電気代があがるとしても、床暖をガスでというのはやっぱり費用が心配。

以前のマンションでガス式の床暖つかってたら6000円位上がったことがあってびっくりしてやめたっていう記憶が。。。

この蓄熱型のシステムのガスでのランニングコストはわかんないけど。。。

なので、ガス併用でも、蓄熱床暖房を電気(ヒートポンプ)にすると、
とすると、
 ガス配管工事 25万
 エコジョーズ 10.5万
 床暖房給湯 45万
で、合計80.5万。

オール電化との差がなくなってくる。

エコキュートと給湯の差が月4000円として12ヶ月、15年で72万

やはりオール電化か。。。

とはいえ、将来電気代だけガンガン上がって、深夜電力割引がなくなった場合、
ガスに変えることがあるかも。

給湯だけガスに変えるのは楽みたい。家の外だけの工事でいいから。

キッチンのガス化は家の中に配管する必要があるから大変そう。
ガス配管だけしておいてもらうか、きっぱりと諦めるか。。。

うーん。悩ましい。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク